1. ベストグループ甲信越ブロック会員ホームページ > 
  2. 講話集「21世紀を幸せに生きる」 > 
  3. 平成22年12月4日 ベストグループ北関東見聞会

衣川晃弘大先生御講話

衣川大先生の見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」より

平成22年12月4日 ベストグループベストグループ北関東見聞会

私たちは、五大原理というものを学んで実践しているのです。五大原理はベストグループのマークに描かれています。ベストグループのマークの白は、真理を表します。本当のことを学んでいるのです。これを地球で教えている方は数少ないのです、日本でも少ないです。

五大原理とは、真理を学びながら、正しい生き方、正義に則って生きるのです。損得で生きないのです、正義で生きるのです。善で生きるのです。正義を貫くのです。

SONY DSCそして、マークのピンク色の部分が愛を表します。皆さんの愛は、夫婦の愛とか、親子の愛とか、男と女のラブラブの愛ですね。そうではなく、命と命が繋がるような生き方をするということなのです。それが愛なのです。そして、本当に真理が分かると悟り人と言われるのです。

「人間は、何のために生まれて、生きているのだろうか?」この真実が分かった時に、悟ったと言うのです。私たちは、この真理を学んでいるグループで、正義に則って生きます。愛に生きます。そうすると平安な心、一切何があろうと揺らがないのです。

私が揺らぐことはほとんど無いのです。揺らぐとしたら、いつまでも変わらない先輩を見て、自分の力の無さを……。

よっぽど、先輩って悪そうですね、いいえ、人の人格はなかなか変わらないと言いたいのです。分かりますか?そんなに簡単に人の人格が変わりますか、生まれながらに 培った人格が。間違いないですね。これを変える努力を一番させられたのが私なのです。お金と仕事で生き抜いた私が、五十五歳から給料をもらわずに、地位名誉も捨てました。

そして、そして損得なしに正義を貫こうとしていると得たものは何かというと、真理と正義、そして愛なのです。

そして、仲間から多大なる信用を得ました。信用はお金で買えますか? 買えませんよ。あなた方はそのような教えを受けていないでしょう。損得で生きる人間は信用を失くすのです。信用を得たら、人生は勝ったようなものです。勝ち負けに興味はないのです。人から信用されたら、こんなに素晴らしいものは無いのです。逆に、家族から信用されない、こんなに悲しいことは無いです。

 

そして、真理に基づいて、正義と愛と平安が存在する所に、調和の取れた社会が出来るわけです。調和が取れたということは、争いの無い家庭が出来るということなのです。だから、個人個人が、個人プレイをされたら秩序は保てますか? 保てませんね。それを今の親は、自分が間違ったことをしておいて、子供には「良い子になれ」と言うのはおかしいと思います。

小・中学生や高校生に、「何が一番大事ですか?」と聞くと、皆、「お金が大事」と言うそうです。それは、親が「お金、お金」と言っているから、子供たちがそう言うのでしょ? 親が、「一番大事なものは命です、秩序です、規律です、感謝です」とか、そういう善いことを言えば、子供たちにもそういう子が出来るわけです。子供たちが悪いのではないと思うのです。家庭の調和を乱しているのは、親だと思うのです。

SONY DSC親が、夫婦仲が悪いのに、どうして家族が仲良く出来ますか? 間違いないですね。親が善悪を忘れたら、どうして正義の子供が育ちますか? 自分が間違ったことをしていて、子供にはちゃんとしろと言うのはおかしいと思いませんか? そこに子供は反発するのだと思います。

だから、私は年を取ったあなた方から変わるべきだと思っています。六十六歳の私もこれからの人生です。そして、若い青年たちに、「お前たちはおかしい」と言う親の方が間違っています。「お金」、「お金」、「お金」、「お金」と言う親が。

この社会がこのようになったのは誰の責任かと言ったら、我々親の責任だと思っています。親が人の命を尊ばなければ、子供が自分の命を尊ぶものですか。親が人の悪口や誹謗(ひぼう)中傷(ちゅうしょう)をしていて、子供に誹謗(ひぼう)中傷(ちゅうしょう)をするなといって誰がするものですか、間違いないですね。では、この社会の責任者は誰ですか、親ではないですか。だから、ベストグループは親からもう一度、立派な人格者に変わろうとしているとご理解して下さい。

青年は純粋です。だから、いつでも青年は変われるのです。こんな話をすると、年を取った人は皆、嫌な顔をするのです。今日の人は嬉しい顔をされているから素晴らしいです。

善い話をしても、中には眠っておられる方もあります。その方も立派だと私は思います。でも本当に立派なら、人からも支持されていると私は思うのです。善い方なら、人は必ず放っておきません。表に出します。仕事だって遣り上げていきます。人が支持して、仕事は成功させて下さるのです、この人間だったら応援してやろうと。

私は、サラリーマンを四年しか経験していません。当時、上場企業でしたけど、数千人働いてお見えになりました。私は入社した時に会社の役に立ちたいと思って入社したので、それ以上何も考えませんでした。ただ、入社の動機を私は、面接の時に言いました。社長がお見えでした。「なぜこの会社に入りたいのか?」と聞かれた時に、「はい、社長になりたいのです」と言いました。

SONY DSC「ハ、ハ、ハ 合格」

何故、社長になりたいのかと言えば、社長にならないと、一サラリーマンでは、皆のお役に立てないと思ったからです。社長になって初めて、皆に良い影響を与えることが出来るのだと思ったから社長になりたかったのです。

そうしたらまず入社したら、会社に喜ばれる人間にならないといけない。損得抜きで働こうと思いました。朝六時に起きまして、一時間マラソンをしました。そして七時に、私は寮生でしたから、バス通りに建っていた会社の玄関と道路を全部掃きました。五百名ほどの支店でしたけど、社内の机も全部拭きまして全員出社の頃には、掃除も全部出来上がっているのです。その結果、一年目で掃除責任者の役割を下さいました。

 

※さらに他地区の見聞会での衣川晃弘大先生の御講話をお読みになりたい方は、
  他ブロックのホームページをご覧下さい >> リンク集

※他の御講話をお読みになりたい方は、こちらをご覧下さい >> 見聞会御講話集