1. ベストグループ甲信越ブロック会員ホームページ > 
  2. ベストグループ見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」一覧ページ > 
  3. 2014年(平成26年)12月7日 ベストグループ北陸地区見聞会③

ベストグループ見聞会御講話集「21世紀を幸せに生きる」

衣川晃弘大先生の見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」第7巻より

2014年(平成26年)12月7日 ベストグループ北陸地区見聞会③

衣川(大先生)は偉大なる境地に少し到達させて頂いたようですから、育ての母が亡くなった時も研修をすることができました。私は真実を知ったから、研修も堂々とできるのです。「母」という肉体に付いた名前が無くなっただけです。母は肉体に付いた名前です。その肉体に付いた名前が無くなってなぜ一喜一憂するのですか? 肉体が自分だと思っているから苦しんでいるのです。

この体は自分のために使うものではありません。人類や社会の役に立つために使うものであると教えなければいけません。あなたたちは食べ物でできた体を、自分と思っているから苦しんでいるのです。世界中の方は体が自分と思っているのです。

「真理を知らずして人に非(あら)ず」という日本人の言葉が残っています。人間は真理を知った時、全ての幸せを手に入れることができるのです。世界で真理に到達した方は数少ないのです。

インドの愛する御方は「日本人に真理を教えなさい」と仰ったのです。衣川(大先生)が到達しなければ真理を教えることができますか? 教えられないと思います。だから、偉大なる存在はあちらの方から、衣川(大先生)を真理に到達させて下さったのです。

では、成功する方はどのような方ですか。あなたはそれについて考えたことがあるのですか。失敗する方はどのような方かを追究したことがあるのですか。それを知っていないから失敗するのでしょう。

失敗した方が立ち上がるということは、川の水が下流から上流に上がるというほど大変なことなのです。下流まで落ちた方は、自力ではもう上流に上がれないのです。上に上がるには、誰かに引っ張ってもらわなければいけないのです。

上流に導く方がいるのです。上流に導く方が古今東西、何名かお見えになっているのです。一度失敗した方が成功者に戻る方はほとんどいないのです。僅かな方だけが成功者に戻れるのです。

成功したら必ず失敗するのです。成功と失敗は表裏一体だからです。物の考え方がプラスならば成功するけれど、成功したら人は威張ります。事業家時代の私も「俺の力だ」と思った時に、会社が潰れかけていきました。そして、会社を立ち直らせて頂きました。

その中でまた立ち直る方は僅かです。成功と失敗を繰り返しながら、素晴らしい人格者になるのです。失敗した方がもう一度成功に戻るのは、百人のうち一人くらいしかいないのです。九十九人は人生が落ち込んだままなのです。どうしたら上がれますか? 下流に棲んでいる魚が上流に上るには自分の努力だけでは難しいと思います。

幸せと不幸を通り越す方は幸せや不幸に左右されないのです。この方だけが中道の道を歩みますから、見えない存在に繋がることができるのです。それは僅かな方だけなのです。ベストグループに一度来ただけで全てが分かったら苦労しません。

失敗者は「私は分かっている」と言います。そういう方に限って、家では揉め事ばかりをして上手くいっていないと思います。結果が出ているのです。知ったかぶりをして自分を見失っているから分からないのです。

しかし、中間にいる方は「学びたい」「もっと成長したい」「幸せになりたい」と仰います。全てを良くする力は全てあなたの中にあります。

あなたを生かしておられる偉大なる存在を実感認識して頂くために、私は派遣されました。それは知識ではなく、実感認識をしなくてはいけません。それには、ついて来る方にしかお教えすることはできません。

僅かな方しか真理を学べないように創ってあるのです。これが答えです。インドでは百万人に一人しか真理に到達できなかったと言われています。私は、ベストグループの方々の中から百名は到達するお手伝いをさせて頂きます。ありがとうございました。

※内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

※2014年(平成26年)12月7日 ベストグループ北陸地区見聞会③は、2020年9月5日までの掲載です。